骨董品インフォ
骨董品を買取に出す際に損をしない方法についてのメインビジュアル
骨董品を買取に出す際に損をしない方法についてのメインビジュアル

骨董品を買取に出す際に損をしない方法について

業者によって値段は大きく変わります

業者によって値段は大きく変わります

骨董品買取は、同じ品物であっても店舗や業者によって値段が大きく異なります。2倍や3倍の差がつく事もあれば、場合によっては10倍以上の差がつく事もあります。骨董品買取を扱っている業者は大きく分けて2つです。骨董品買取のみを専門に行っており、基本的には店内で販売をせずに業者市場や専門店に転売する事で利益を確保している場合です。 もう1つが買取と販売の両方を行っている店になります。品物を買い取った後、直接店内などで販売をするケースです。こちらは販売も自ら行う事で中間マージンなどの削減をする事ができるため、高価買取している事が多い特徴があります。しかし、店舗の現在抱えている在庫や状況によって異なる場合もあるため、全ての業者が販売も行っているから高く買い取るという訳ではないので注意しましょう。 骨董品買取を依頼する際にもっとも重要なのが、目利き、鑑定力がある業者なのかです。例えば、特定のジャンルに対しては豊富な知識と経験がある場合でも専門分野でなければ品物本来の価値を査定してもらえる事が難しくなります。その結果、本来の値段よりも価値が下がった査定になってしまう事もあります。 持ち込む骨董品の種類など、特定の分野に対して深い知識を持った鑑定士が在籍している業者を選ぶ事が重要です。また1つの業者で買取をしてもらう事を決めず、いくつかの業者にも一度査定してもらい、一番高い値段が付いた業者で買取をしてもらうと損をしません。

TOPページ