骨董品インフォ
骨董品を高く買取ってもらうにはどうしらいいかのメインビジュアル
骨董品を高く買取ってもらうにはどうしらいいかのメインビジュアル

骨董品を高く買取ってもらうにはどうしらいいか

骨董品とは

骨董品とは

骨董品買取の際に知っておかなければならないのは、骨董品とはどんな物の事を言うのかを知っておかなければなりません。西洋では製造から100年経った物がアンティークとして価値がある物と定義されていますが、日本ではきちんとした形で定義が決まっていません。 日本での骨董品とは、製造年数が数十年より前の物であることと、希少価値がある物の事をいいます。最近では、江戸時代より以前の時代の物は間違いなく骨董品扱いとなりますが、近現代である明治時代から1960年代頃までに製造された物たちも骨董品としての扱われている物が出て来ています。

骨董品買取の際に高く売るコツ

骨董品買取の際に高く売るコツとして、状態の良い物の方が買取価格は高くなりますが、骨董品の知識もない状態で箱から取り出したり、磨いて錆を取ったりする事は禁物です。特に、絵画や掛軸などの場合には、日光や湿度に弱く、外に出すだけで簡単に破れてしまいます。骨董品買取の前にできる事は、長い間使われていない蔵や物置などは、埃や湿気が強く骨董品には悪い環境です。蔵や物置きの掃除をするだけで骨董品の価値の低下は防ぐことができます。 骨董品買取の際には、骨董品に付いている袋などの付属品も一緒に鑑定すると買取価格は高くなります。また、絵皿や掛軸、絵画などに付いている鑑定書や手紙などの書類も中には驚くような買取価格が付く物が眠っている可能性があります。骨董品買取の際には一緒に見てもらうことをオススメします。

TOPページ